メンバー紹介

  • 画像:Motoya Izuhara

    Motoya Izuhara

    この組織のマネジャーをしております。
    主な業務は、この組織からイノベーションを起こしていく物作りを推進していくことですが、どちらかというと楽しめる空間や仕事を作り出すことを考えている気がします。
    ぜひ、我々と一緒に世の中を変えていきましょう。

  • 画像:Shinya Murai

    Shinya Murai

    医療・介護用機器の会社で、センサーや通信などの電装機器、ITシステムの開発を担当し、IOTの要素をすべて経験。
    その経験を生かして、ヘルスケア分野でエッヂの効いた大きなチャレンジをしたいと思い、2017年にATLへ。
    出身は北海道、開拓民の精神を随所に発揮し、新境地を切り開きます!(新境地の方向性を間違わないようにアドバイス求む!)

  • 画像:Kohei Ozaki

    Kohei Ozaki

    Kohei Ozaki is an expert on algorithm and machine learning. Previously, he has worked for several tech companies and insurance company before he joined ATL, for example, on recommendation, computational advertising, RTB optimization, and automated fraud detection in the insurance industry. He loves computer science as a hobby. He won the 1st prize on KDD Cup 2015, which is most prestigious data mining competition . Twitter Id: @smly.

  • 画像:Akira Saigo

    Akira Saigo

    2009年、リクルート入社、データサイエンティストとしてじゃらん・ホットペッパーなど主要サービスのCRM・需要予測等のプロジェクトを担当。
    2012年、ネットマーケティング上の課題を統計解析・機械学習・情報推薦手法で解決する専門組織(現BIGDATA部)の立ち上げを行い、主にレコメンドエンジンの開発に従事。
    2014年、リクルート全社を横断するデータ解析プロジェクト(IDポイント領域)を推進しつつ、大規模組織マネジメントも担当。
    現在はAdvanced Technology Labにて、5年後の社会変革を起こすべく、最先端のR&Dに奮闘中!

  • 画像:Shigeru Shiozawa

    Shigeru Shiozawa

    外資、日本の金融機関を経て、2008年にリクルート入社。以降、ロボットや自然言語処理、人工知能、女性向けIoTデバイス開発、動画向けアルゴリズム、海外進出支援など多岐に渡るカバレッジを担当してきました。
    スウェーデン王女が来日した際には、ロボットと自チームの会話エンジンTAISHIを連携させ、王女様との会話を実現したシーンが、スウェーデンの多数メディアで取り上げられました。
    新しいロボットやデバイスに興味あり。

  • 画像:Keno Sugawara

    Keno Sugawara

    年少時に「スーパー巨人」(森村たつお先生著)に感化されて早数十年、時流にのって様々な電脳と出会いソフトやハードの改造をしてきました。最近は性能限界の不自由さに魅了され、8bit16bitのマイコンでの開発に没頭中。

  • 画像:Yuki Tanaka

    Yuki Tanaka

    前職ではシステム営業をしながらブロックチェーンのR&Dを実施。
    ブロックチェーンR&Dに専念するためにATLにジョイン。
    ビジネス化へのハードルの高さと可能性を感じつつ日々エコシステムを夢想している。
    飽き性で多趣味であるが、現在はスポーツクライミングで体をいじめる日々である。

  • 画像:Takeshi Nakano

    Takeshi Nakano

    オープンソースの検索エンジンである「Solr」をリクルートでいち早く導入。サイト検索性の向上によりカスタマーの利便性を高めるとともに、商用ミドルウェアからの載せかえによる大幅なコスト削減に寄与する。またデータ分析基盤である「Hadoop」に関しても国内ではかなり早い時期から技術検証を始め、社内に展開することで今までできなかったデータ分析を容易にした。現在は、リアルタイム処理、音声認識などの技術開発をメインに担当。リクルートテクノロジーズが誇るアーキテクトの彼のTシャツは常にCuteである。
    著書…「Apache Solr入門」「Hadoop Hacks」(共著)

  • 画像:Kazutaka Sakurai

    Kazutaka Sakurai

    主務は経営企画部にて広報・コミュニケーション施策を担当、ミッションは「社内外のRTCファンを増やすこと」。ATLでは主に産学連携推進を担当。情報処理学会DBS研究会運営委員。全国津々浦々、様々な学会や研究室に足を運ぶことが生き甲斐。某ラボ長の講演資料制作も一手に担う自称「パワポ職人」だが、本当はWinxxxsの呪縛から逃れてMac一本で生きていきたい。p.s. 当面Ingressは卒業できそうにありません。