RELEASE
2015.03.18

「女子による女子のための新型ウェアラブル端末」の発表会当日


こんにちは、ATLの塩澤です。(本日は技術ネタで無いことをご了承下さい)

 
3月17日(火)、ついに女子大生によるスマートアクセサリー企画のお披露目会が開催されました。
マスメディアの方とブロガーの方をご招待し、約50名での発表会とな大盛況でした。
 
会場  
   
商品を発表するのは、女子大生で、オーディエンスには20名程度の女子ブロガーが会場の雰囲気を華やかにしたことは、言うまでもありません。

発表会は女子大生1人1人が、自身が企画したアクセサリーのプレゼンを行い、その後、記者の方々による製品体験会となり、おのおのが製品を手に取り、アプリケーションの動きを確認、企画者である女子大生へのインタビューが行われました。
 
女子取材  
女子取材  
アクセサリー  
   
これまでも本ブログで紹介をしてきましたが、製品はディテールまでしっかり作られており、またデザインも発売できるクオリティに仕上がっています。記者やブロガーの方からは、「いつ発売するの?」、「いくらで買えるの?」といった、製品を評価してもらい、購入意欲がそそられたという質問も沢山頂きました。本製品がいつの日か、皆様のお手元に届けられるように検討を続けていければと考えています。

最後に、当部門の執行役員と女子大生との集合写真を撮影し、本イベントは終了となりました。とても盛況なイベントとなり、昨年夏からの苦労が報われた一時でした。最後に、このイベントにご協力頂いた全ての方に、この場を借りて、御礼を申し上げたいと思います。
 
集合写真  
 

TAGS: , , , , ,

RELEASE
2015.03.16

女子大生の思い描くウェアラブルの外装デザインをデザイナーが形に・・・「私たちがプロデュース!女子大生によるスマートアクセサリー」プロジェクト


こんにちは、ATL特別プロジェクトチームです。

これまで二回、女子大生がデザインする「私たちがプロデュース!女子大生によるスマートアクセサリー」プロジェクト推進中!というプロジェクトのご紹介を行ってきました。今回はその続編をレポートします。
 デザイン案
 
  前回、女子大生が想定する利用シーンやアクセサリーの好みなどをデザイナーとすりあわせを行うシーンをご紹介しました。 デザイナーは彼女達の思いを受けとり、それらをデザインに落としていきます。 数多くのプロダクトデザインを手がけてきたデザイナー達も今回の取り組みは初めての試みで、女子大生の思い描くものを形にするのも初めてという初めてづくし。「難易度が高いけど、チャレンジのしがいがあります」とデザイナー達もそれぞれのワークに力が入ります。 さて、どんなデザインがあがってきたでしょうか?
    デザイン案
 デザイン案
 デザイン案
 デザイン案
 
  デザインはこのように、まずはラフ画であがってきました。 「かわいい!」「イメージ通り!」といった女子大生達の反応から「ちょっとイメージと違う…」「このとがった部分はニットとかに引っかかるから、丸くして欲しい」など、普段身につける装飾品ならではの反応まで様々。 ここから何度も打ち合わせを重ねて、さらにデザインを洗練させていきます。 全部で30案以上の中から、少しづつデザインが絞られていきました。   興味深かったのはリケジョの学生達の希望したデザイン。 「リケジョならではのデザインがいい!」「理系だと思わず反応しちゃうようなデザイン」「ベンゼン環とかをデザインに反映させられないですか」など、リケジョならではのデザイン要望がデザイナー達を悩ませます。
デザイン案
デザイン案
 
結果、一見するとただの装飾品のようですが、よく見ると元素記号が彫金されている六角形のベンゼン環のデザインなどリケジョ達のハートをグッとつかむデザインに。 色もそれぞれの元素記号とマッチしており、それぞれの燃焼反応とあわせた色になっているなど、隠れた”リケジョ要素”満載のデザインとなりました。   2ヶ月以上にわたって繰り返された彼女達とデザイナーの打ち合わせ。 完成されたデザインを3Dデータにおこし、ここからモックアップの製作に入りました。 どのような完成系になるのか・・・   その姿は、明日メディア向けに公開されます!

公開と同時に、完成デザインが見られる特設サイトもオープン予定。メディア向け公開の様子も改めてレポートするので乞うご期待です。
 

TAGS: , , , , ,

RELEASE
2015.03.12

プロジェクトデザイナーと女子大生がデザインについて真剣な議論・・・「私たちがプロデュース!女子大生によるスマートアクセサリー」プロジェクト


こんにちは、ATL特別プロジェクトチームです。

前回、女子大生がデザインする「私たちがプロデュース!女子大生によるスマートアクセサリー」プロジェクト推進中!という記事を公開しましたが、今回はその続編になります。 現役の女子大生が、自分達が「日常的に使いたいと思うウェアラブルデバイスの外装デザインを考える」このプロジェクト、今回はその様子をお伝えしたいと思います。
外装デザイン
 
まず、デザイナーとミーティングを繰り返し、自分達が思い描くデザインのイメージを固める作業を行っています。 彼女達いわく、「アクセサリーはその日の服装や気分、出かける先によっても変わってくる」とのこと。 バリエーションを楽しむのもアクセサリーの楽しみ方の一つで、これまでのウェアラブルデバイスについては「いつも同じデザインだからそもそも毎日着けたくない・・・」との声も聞かれました。 スポーツ用のウェアラブルなどは利用するシーンが決まっているので問題無いようですが、やはり日常的に使う物については選ぶ楽しみも大事な要素です。 自分達が使っているアクセサリーなどを実際に持ち寄り、また普段読む雑誌や良く行く場所などをデザイナーとすりあわせてイメージを固めて行きます。
 ミーティング1  
 ミーティング2
 ミーティング3
 
リケジョの大学生達はまた少し違う会話がされています。 彼女達は多くの時間を学校や研究室で過ごし、オンとオフの境目がはっきりしています。特に人によっては学校では白衣を着ていることも多く、アクセサリーも制限されることもしばしばです。 彼女達は「用途」にもフォーカスし、”実験中でも、大事な連絡があった時だけ通知が受けたい”など、リケジョならではの使い方の話も出ました。長髪の人は髪をしばる必要もあり、そんな学生からはシュシュの形をしたウェアラブルの提案がなされました。オシャレに、目立たないように、でも実用的に。 彼女達が思い描く新しいウェアラブルデバイスの利用の仕方が少しづつ形になっていきます。
アイデア出し1  
アイデア出し2
アイデア出し3
 
  デザイナーは彼女達の思いを受けとり、ラフスケッチとしてイメージを提出して彼女達とさらにすりあわせを進めていきます。どんなデザインがあがってくるでしょうか? その様子はまた次回レポートいたします。


 

TAGS: , , , , ,

RELEASE
2015.03.09

女子大生がデザインする「私たちがプロデュース!女子大生によるスマートアクセサリー」プロジェクト推進中!

こんにちは、ATL特別プロジェクトチームです。
”ウェアラブルデバイス、色々出ているけど今ひとつ継続して使えるものがない…”
そんな事を思った事はありませんか?
継続して使える機能がないという面もありますが、日常に身につける物だからこそ”見た目のデザイン”による課題も大きいと考えています。
そこでリクルートテクノロジーズ ATLでは「若い女性でも日々使い続けられるウェアラブルのデザインって?」をテーマにしたプロジェクトを推進しています。
 
device_blog1  
 
流行に敏感で時代の中心となる若い女性が自分達で考えた「こんなデザインだったらずっと使いたいと思う」というデザインを考え、デザイナーとタッグを組んで新しいウェアラブルを提案します。
身につけるデバイスというよりは「アクセサリー(装飾品)としてのデバイス」のデザイン提案を目的としたコンセプトプロジェクトです。 「私たちがプロデュース!女子大生によるスマートアクセサリー」プロジェクト
リクルートテクノロジーズでは2013年に独自のウェアラブル端末「Lily」の開発に着手しました。
Lilyは外部アプリケーションをトリガーにした「通知機能」にフォーカスしたデバイスで、アプリケーションなどからの通信に対応して「光る」「振動する」「音がなる」というノンディスプレイ型の通知受信モジュールです。
今回はこの「Lily」を現役の女子大生が自分達好みにデザインをし、実際に稼働するモックアップを製作します。
10名を越える女子大生がプロダクトデザイナーとタッグを組み、それぞれが考える10種類のデザインを制作しています。
 
device_blog2  
 
ただの絵のスケッチではなく、実際に稼働する実物まで製作してみるこのプロジェクト。
女子大生もデザイナーも皆、未経験で初めての取り組みとなります。
昨年の夏過ぎから水面下でスタートしたこのプロジェクト。実際の製品は3月下旬に完成予定ですが、検討の様子や実際にできあがったデザイン・製品などを数回にわたってレポートしていきます。
 
device_blog3  
device_blog4  
device_blog5  
 
今回は文系・理系の女子大生の双方を交えていますが、理系の女子大生については講談社の「Rikejo」とタイアップし、”Rikejo製作所”の女子大生6名を交えての企画となっています。
プロジェクトの模様はそちらでも公開していますので、こちらも是非ご参照ください!
講談社「New ガジェットデザインプロジェクト」
http://www.rikejo.jp/stc/future-gadget-project/
 
device_blog6  
 

TAGS: , , , , ,

RELEASE
2015.03.06

脳内カレシ具現化計画 期間限定公開

ATLの大杉です.先日,実験参加者を募集(詳細)した脳内カレシ具現化計画の件です.

日経ITProさんに取り上げられたこともあり,反響が大きく,まだ実験段階ですが,期間限定での公開を決定しました.
脳カレイメージ図

脳内カレシ具現化計画入り口

 スマホからでも見れます.

上のURLからアクセスし,そのページ内を下にスクロールし,よんでほしい名前を入力し,「彼と話す」ボタンを押せば会話画面に遷移できます.

会話画面は直感的なUIになっているかと思いますので,思い思いにサンプル彼氏とおしゃべりしてみてください.

まだ実験中ということもあり語彙がまだまだ不足しています.しかし,語彙は簡単に増やせる仕組みにしていますので,どんどん賢く(?)できます.こうご期待!

*今回の脳内カレシ具現化計画はあくまで実験段階なので期間限定(2015年3月末までを予定)の限定公開です.ご理解お願いします.