こんにちは。シニアリサーチエンジニアの中野です

アドバンスドテクノロジーラボで調査検証を進めてきたApache Kafkaについて、その結果をAmazonの電子書籍 としてまとめました。 (だいぶ前に公開だけしていたのですが、ブログに書くことを忘れていました!)

414PSxwSoFL__AA160_

Apache Kafka入門
伊橋 正義 (著), 原田 勝憲 (著), 中野 猛 (編)

Hadoopなどの大規模分散処理には欠かせない、ノード間の協調動作を支えるミドルウェアであるKafkaですが、裏方の仕組みであるためあまりそれだけに注目されることはなく、そのためか日本語の情報ソースも限られていました。 そして、ラボではStormを、DB操作と同じ程度の気軽さで利用できる仕組みを開発しており、その中でKafkaを幅広く活用しています。 このため、Kafkaの情報を日本語で公開することは他所においても価値があると考え、このたび電子書籍としてまとめることにしました。

この調査・執筆期間中にKafkaのバージョンも上がってしまった(v0.7からv0.8へ)ため、本書の内容は少し古いものになっています。 6末までには改訂版を出そうと計画としていますが、いったん現状版ということで公開します。また、金額を無償にしたかったのですが、ファイルサイズ等の影響か?価格は300円以上でしか設定することができませんでした。 電子書籍を出すこと自体がラボとして初めてであるため、誤植はもちろん、ご指摘やアドバイス等頂ければ幸いです。

TAGS: