ATLの大杉です。 以前、リリースした脳内カレシ具現化計画には「何をしゃべっていいのかわからない」との声多数でしたので、 今回は実験的に会話に目的をもたせるため、Black Stories: 50 rabenschwarze Rätselの日本語版で有名な、グループSNE様のご協力のもと、 脳カレで会話ゲームができるようにしてみました。
題して、脳カレゲーム!以下のリンクから遊べます。

脳カレゲーム入り口

遊び方は単純、画面下のユーザー名入力欄によばれたい名前を入力して、「ゲーム開始ボタン」を押せば、ゲーム開始です。

脳カレゲームの会話画面

脳カレゲームの会話画面

するとチャット風の会話画面が表示されるので、脳カレに話しかけて隠された謎を解いていきます

ゲームルールについては本サイトの方をご参照ください。
http://www.groupsne.co.jp/user/interview/2014/03/01.html

また、ゲームを遊んでいく中で、おかしいと感じた会話がありましたら、「自分が入力したことば」と「脳カレが返してきたことば」と「こういうことばがかえってきてほしい」の3点を@rtech_atlにまでご連絡いただけると助かります。

よろしくお願いします

TAGS: