デザイナーの佐藤です。

今回はレスポンシブWebデザインを採用したATLサイトの実装を紹介したいと思います。

レスポンシブWebデザインの実装方法

今回は、CSS3のMedia QueryでレスポンシブWebデザインを実現しています。

パソコン、タブレット、スマートフォンの3つのCSSを用意し、Media Queryで出し分けしているという構成です。

コーディングの際のポイントとしても、デザイン段階で「どの要素をどのように変更するかを決めておく」ことがとても大切になります。今回のケースでは、設計の段階(http://atl.recruit-tech.co.jp/blog/404/)で決めておきました。

例を詳細に見ていきましょう。
下の画像は、パソコン、タブレット、スマートフォンの画面を比較したものです。

A. グローバルナビゲーション

パソコンとタブレットは同じ表示にし、スマートフォンは二段になるよう出し分けています。

B. ページタイトル

タイトル文字の縮小、背景の面積の変更を3段階で行っています。

C. ローカルナビゲーション

文字の縮小を3段階で行い、スマートフォンのみページ下部に表示位置を変更しています。

D. 年表

スマートフォンのみ年表を一列で表示しています。

上記の例にはありませんが、要素によってはスマートフォンのみ非表示など調整しているものもあります。

サイトの高速化のための工夫

ATLサイトは、リクエスト回数の軽減や、データの圧縮など下記のような高速化の施策も行っています。

・gzipを利用してデータサイズを圧縮する

・CSSやJavaScriptをまとめる

・CSSスプライトを利用して画像をまとめる

・非可逆圧縮を使って画像を圧縮する

・画像をデータスキームにする

gihyo.jpで詳細を記事(http://gihyo.jp/design/serial/01/atl/0005)にしておりますので、ぜひご参照ください。

TAGS: