ABOUT

私たちは、リクルートグループのサービスを支える
最先端技術を研究開発しています。

CONCEPT

先進技術から新しい価値を創出する

Advanced Technology Labは、多くのサービスを持つリクルートグループの中で、
新しい技術の開拓や次のトレンドをいち早く察知し未来のサービスにいかせるソリューションを生み出す部署です。

生み出されたソリューションはリクルートグループの競争優位性を高め、
競合プレイヤーたちに勝つためのものですが、決してそれだけに留まりません。

これらのサービスを進化させ、新しい価値を生み出し、社会に貢献していくことで
世の中の仕組みを変えるような可能性も秘めています。

PROJECTSを見る

MEMBERS

  • 画像

    Yoshinori Takesako

    Yoshinori Takesako

    2015年9月リクルートへ中途入社、2019年4月よりアドバンスドテクノロジーラボ所長。
    独立系ITベンチャー2社にて大企業向けグループウェアの製品開発と中長期のR&Dに従事し、セキュリティキャンプ講師、SECCON初代実行委員長としてセキュリティ人材育成に携わる。
    対外活動としてIPA未踏IT人材発掘・育成事業プロジェクトマネージャーなども兼務。

  • 画像

    Motoya Izuhara

    Motoya Izuhara

    この組織のマネジャーをしております。
    主な業務は、この組織からイノベーションを起こしていく物作りを推進していくことですが、どちらかというと楽しめる空間や仕事を作り出すことを考えている気がします。
    ぜひ、我々と一緒に世の中を変えていきましょう。

  • 画像

    Shigeru Shiozawa

    Shigeru Shiozawa

    外資、日本の金融機関を経て、2008年にリクルート入社。
    以降、ロボットや自然言語処理、人工知能、女性向けIoTデバイス開発、動画向けアルゴリズム、海外進出支援など多岐に渡るカバレッジを担当してきました。
    スウェーデンとの関わりが深く、ヴィクトリア王女が来日した際には、ロボットと自チームの会話エンジンTAISHIを連携させ、王女様との会話を実現したシーンが、スウェーデンの多数メディアで取り上げられました。
    北欧のキャッシュレス、リテールテックを研究、ロボットやデバイスに興味あり。

  • 画像

    Keno Sugawara

    Keno Sugawara

    年少時に「スーパー巨人」(森村たつお先生著)に感化されて早数十年、時流にのって様々な電脳と出会いソフトやハードの改造をしてきました。最近は性能限界の不自由さに魅了され、8bitや16bitのマイコンでの開発に没頭中。

  • 画像

    Kazutaka Sakurai

    Kazutaka Sakurai

    主務は経営企画部にて広報・コミュニケーション施策を担当、ミッションは「社内外のRTCファンを増やすこと」。ATLでは主に産学連携推進を担当。全国津々浦々、様々な学会や研究室に足を運ぶことが生き甲斐。日本データベース学会理事、情報処理学会DBS研究会運営委員、関西学院大学 社会情報学研究センター客員研究員。

  • 画像

    Sota Nunomura

    Sota Nunomura

    総合広告代理店でアドテクノロジー領域から営業を経て、2015年12月にリクルート入社。
    全社横断のアライアンス担当として、大手グローバルプラットフォーマーとの提携・協業を担当する他、次なるインターフェースへの取り組みとして音声アシスタントの全社推進も務める。JAPAN MENSA会員。

  • 画像

    Naohiro Yoshida

    Naohiro Yoshida

    SIerにて大規模システムのアーキテクトを経験後、2014年3月にリクルート中途入社。
    フルスタックエンジニアとして、ブッキングテーブルの立ち上げ、ホットペッパービューティのリプレイス、リクナビHRTechの開発推進などを経て2019年4月からアドバンスドテクノロジーラボに入所。