こんにちは。シニアリサーチエンジニアの中野です。

アドバンスドテクノロジーラボの検索技術担当の守谷氏と私で進めておりました、Jubatusの適用検証についてのインタビューがIPSJ(情報処理学会)/デジタルプラクティスに掲載されました。 主には技術的な話ではなく、新技術のビジネス適用をどうしてゆくか、そのベースになっている考え方などをご紹介する内容ですが、是非ご覧下さい。

jubatus-suumo

ビックデータの活用がビジネスを加速させる、という形はなんとか整ってきた、ではその次は?という流れでリアルタイム処理、Jubatusの適用検証をスタートさせました、という内容です。 ただ、この領域はまだユースケースが無くて苦労した、その(Jubatusの)使いこなしのみならず、どうカスタマ(ここでは賃貸を探すユーザ)の皆さまの価値に組上げるか、この一つの解としてパーソナライズxリアルタイム処理となった、というところにフォーカスが当たっています。

ちなみにこのインタビューは、私が現在ベルリンにおり、スタートアップ企業とのコラボプロジェクトを進めているため、Skypeで行われました。 なぜかそのとき、一人でパソコンに向かう私のほうには映像が届かず、3人いらっしゃる日本へは私の顔だけが映っているという、最適ではない(苦笑)環境で行われたのですが、、逆に変な緊張感なく話せた気もしました。

引き続き、このような裏話(?)も含め、実際の私たちの活動について発信していきますのでよろしくお願いします!